身体の悩み、根本改善なら星野BodyCare鍼灸!

ほんとに効果ある??腰痛予防ストレッチ?

世間にはたくさんの健康法があります。

ラジオ体操にはじまり

ウォーキング、○○改善体操、○○トレーニング、ストレッチ・・・など

あげだすとキリが無いので軽くにしておきます。

 

これを見ていつも

「これやって改善する人もいるかもしれんけど、痛くなる人もいるだろうな~」

と思っています。

 

痛みやその方の状態に合わせて行えば効果が出ると思いますが

悪化させてしまっている方も多いのではないのでしょうか?

 

腰痛予防ストレッチや体操がダメですよ、ということではなく

今回は良くメディアでみる腰痛予防体操やストレッチについて考えていき、

本当にそれってあなたにあった方法?と判断する材料にしてもらえたらと思います。

/

腰痛

骨盤矯正

良く紹介されている腰痛予防ストレッチですが

実際にそれによってより悪化させてしまうのはなぜでしょうか?

 

予防体操が悪化させてしまっている腰痛その①

 

まずひとつ大きな間違いをしていることが多いのが、今まさに腰が痛いから腰痛予防運動をして何とかしようとしている場合です。

 

あくまでも予防的な目的の運動なので痛みが出てからでは遅いです。

痛みがあるということは少なからず炎症反応もあるはずなので、やっていいのは基本的には炎症をひかせるアプローチです。

 

たとえばケガをして擦り剝いて傷がある所を動かしたりしないですよね。

炎症の痛みがある部分を動かすというのはそれと同じです。

 

そのため症状の程度や運動の内容にもよるのですが、基本的に痛みが出ている際は動かして患部に負担の掛かるような運動は避けるべきです。

したとしても患部に負担の掛からないくらいのソフトなものであったり、腰以外の部分から腰を間接的に狙えるような運動ならしてもいいと思います。

 

予防体操が悪化させてしまっている腰痛その②

 

やはり一番多いのがたくさんある腰の痛みを、「腰痛」というカテゴリーでひとくくりで分類してしまっているからだと思います。

 

腰痛と言っても慢性的な凝り性であったり腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折の後遺症、坐骨神経痛など沢山あります。

 

それぞれ発生に原因いたる過程や原因が違うのに同じように予防してしまうので、悪化させてしまっています。

 

それぞれ原因などが違うのに同じように予防運動をしてしまうのはなぜでしょうか?

実はそれぞれの共通点として「腰の痛み」があるから分からなくなってしまうんです。

 

テレビなどでやっているのは「腰痛」予防体操やストレッチとして紹介してあるので、自分がどのタイプの腰痛か判断せずに普段腰痛があるからやってみようとしてしまうのです。

 

そのためその予防体操にあった人では効果が出るのですが、

「この体操したから腰の痛みが改善した」

と聞いて同じようにやったとしても、それが合わなければ悪化させてしまうことが多くなるのです。

 

やって良い予防運動と悪い運動の区別は?

ほとんどこういう形で紹介されることはないと思いますが、

たとえば脊柱管狭窄症の痛み予防体操とか、坐骨神経の痛み改善運動とか症状名として判断していればやっても大丈夫な場合が多いです。

 

やってもいい予防運動

腰痛の各原因にあわせた方法を説明すると、まずそれぞれの原因など病理を説明しなくてはならないのですが、それをしだすと文章が多くなってしまうので今回は省きます。

 

基本的には診断名の付いた腰痛の場合は自分でやっていて、

「腰に効くなー」と感じるくらいだとやりすぎの事が多いです。

少し物足りない位でいいのですが、分からない場合はいきなり紹介されている回数を行うのでなく、足りないかなと思うくらいから少しづつはじめてくださいね。

もちろんやっている最中に痛みを感じたらすぐにやめてください。

 

慢性的な筋疲労からくる場合も、出来れば腰を直接狙うストレッチより、ふくらはぎ、太腿、周りをゆっくり伸ばしていきながら間接的に腰に効果のあるようなもので十分です。

 

今回は曖昧な表現で申し訳ありませんが、

それぞれの腰痛の状態に合わせた予防運動はまた別で紹介しますね。

 

 

まとめ

今回はなぜ腰痛予防運動のはずが逆に痛みを出してしまうのか?

と言う部分について紹介させて頂きましたが、メディアで紹介されているのが嫌いなわけではないです。

むしろ分かりやすい説明なども参考にしますし、大好きで毎日観てます。

 

ただ痛みがある方が頑張ってやって余計に痛くなってしまう事をよく聞くので、

素直に受け止めすぎるのでなく、それをやる前に一度立ち止まり、自分の身体について見直すきっかけになればと思います。

頑張ってやったのに痛くなったからといって治ること自体あきらめないでくださいね。

 

もしどうしたらいいか分からなかったり、自分でケア出来る範囲を越えてしまったら、出来るだけ早く信頼できる病院や治療院に相談する様に心がけて下さい。

Recommend Post おすすめの記事

必見!産後のおしり大きくなるのは骨盤がひらくからじゃなかった!?

世の中にあふれる骨盤矯正!骨盤矯正は体にとって必要なものなの?

当院のお知らせ
施術メニューから探す
症状から記事を探す

INFORMATION 和泉市 星野BodyCare鍼灸整骨院に関する情報

院名
星野BodyCare鍼灸整骨院
所在地
〒594-0031
大阪府和泉市伏屋町2-13-15
営業時間
平日 9:00〜12:30、15:30~20:00
(水曜・土曜は午前のみ)
日曜・祝祭日休診
アクセス
泉北高速鉄道光明地駅徒歩10分
光明池免許試験会場から徒歩5分
南海バス伏屋停車すぐ
診療時間
9:00〜12:30
15:30〜20:00