和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院

寝違い!?朝起きたら首が痛い時の治し方

「朝起きたら首が痛くて回らない」

「年に何回か寝違いをくり返す」

あなたは習慣的に寝違いをくり返していませんか?

寝違いは意外とほっておいたら治るだろうと放置されている方も多いですが、寝違いも正しく処置しないと長引いたり、ぎっくり腰と同じで気を付けてないとクセになるかもしれません。

今回は寝違いについて、早く痛みをとり除き、くり返さないようにするための正しいケアについてご紹介していきたいと思います。

寝違いとはどんな状態?

まずは寝違いについて体がどんな感じになっているのか簡単に説明しますね。

寝違いは「朝起き立て首を動かすと首が痛い」ということで気が付いてはじめて寝違いをしたと気付くかと思います。

よく間違われているのが、朝起きて動かした瞬間に痛めてしまったということです。

実は寝違いは朝起きて動かした瞬間に痛めているのでなくて、寝ている状態ですでに首を痛めていて起きた後動かすことで気が付くんですね。

動かした瞬間に痛みが走るのでその時に痛めてしまったと思いがちですが実は違います。

寝違いは寝ている時の首の靭帯や筋肉を傷めている急性の炎症状態にあたります、首の捻挫や挫傷とも分類されることもあります。

寝違いは何で起きてしまう?

寝違いが起きてしまう原因のひとつは睡眠時の姿勢です。

本来、寝ている時は体が無理な体勢になっていて、首や腰などどこかに負担がかかってくると無意識のうちに寝返りをうつことによって、首などに負担がかかる体勢を回避しています。

しかし疲れていたり、アルコールを飲んでいたり、寝ている場所がソファーの上などせまかったり、枕や布団が合わなかったりすると、寝返りの回数が減ってしまいます。

そのため首周囲に負担がかかり続けてしまうので寝違いになってしまうのです。

もう一つは睡眠前の体の状態です、上の文章で寝違いは無理な体勢が続くことによっておこると書いてますが睡眠時は普段よりも脱力されているため少し無理な姿勢でもその状態を許容してくれやすいです。

しかし睡眠前の身体の状態が、運動不足や疲労感、アルコールを飲んだ後などで体の柔軟性の低下した状態や頚椎症、頸椎ヘルニアなどでもともと首の負担に過敏な状態であれば、寝るときの不良姿勢に対して首が許容してくれなくなります。

そうすると布団や枕、寝る姿勢に気を付けていても寝違いを起こしやすくなってしまいます。

もし寝違いになってしまったら!?

もし寝違いになってしまったらまずは冷やすことが大事です、寝違いは炎症性の状態なのでまずは子の炎症を抑えてください。

首はデリケートな部分ですので、急に冷やすとふらついたり、貧血のような状態になったりすることがあるので横になって楽な姿勢で冷やしてあげるのがおススメです。

冷やし方についてはぎっくり腰と似てますのでコチラに↓詳しく書いております。

発生3時間以内のぎっくり腰にはコレだけやって!!

寝違いになった時に絶対やってはダメなこと!

温めたり揉んだりすることです、寝違いは首に炎症のある状態ですので「揉んだり」「伸ばしたり」「温めたり」すると患部の炎症を広げてしまい悪化させてしまいますのでご注意ください。

温めるのもダメなので、寝違いをした当日は湯船につかるのは控え、シャワーで済ませてください。

寝違えをしない為には

寝違えをしない為には、寝る前の環境づくりが大事です。

寝違いをしてしまう原因である、まくらやベッドなどの睡眠環境、睡眠前のアルコールや体の緊張の緩和などに注意しましょう。

寝違えの予防方法の身体のケアは肩こりのケアと似てますのでコチラ↓からご覧くださいね。

肩こりを自分で解消!!肩こりのたった1つの理由!?

まとめ

今回は寝違いをしない為のケアの方法ともしなってしまった時の対処についてご紹介しましたがいかがでしたか?

寝違いはそのうち治ると思ってたびたび放置することを続けると、クセになってしまいます。

そうすると寝違いになって、普段なら2、3日でなおってたのに、1~2週間たっても痛みがなかなか治まらないということに繋がりますので出来るだけ早い目に対処しましょう。

もし自分でどうしたらいいか分からない、すでに痛くてどうにもならないなどお困りでしたら、信頼できる医療機関か当院までご相談くださいね。

和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院 連絡先はこちら→0725-25-9060