和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院

つらい出産後の倦怠感、、産後のケアは骨盤から?

出産後はたくさんの体のトラブルで悩まれると思います。

妊娠~出産を終えたばかりのママの体は、分娩時の疲労感で身体が思い通りに動かない状態のままほぼ24時間体制での育児がスタートします。

「何からしたらいいのだろう?」と思うくらい肩、腰、股関節、恥骨、お腹、お尻

手首など上げるとキリがない位に様々な悩みを抱えられています。

たくさん気になるところがあると何に気を付けたらいいのか分からなくなってしまいますよね?

疲労感を感じやすくなると各部位の痛みを発生しやすくなります、まずは出産前の動きやすい状態へ体を目指すのはどうでしょうか?

出産後の骨盤はどうなってる?

妊娠~出産の過程でママの体はお腹を中心に大きく変化しています、

その中で骨盤は前に傾きが強くなり、左右のバランスが崩れている状態、乱暴に言うと「歪んでいる」状態になっています。

骨盤自体は身体を支える土台になる部分なので、骨の構造上イメージされているよりも「グニャリ」と歪むことは無いのですが、恥骨部分の緩みや体の違和感から歪んでいるように感じます。

そのため今まで赤ちゃんをお腹に抱えていたこともあり、腰痛や恥骨の痛み、股関節の痛みが起こる原因になってきます。

つらい産後の体の原因は骨盤の歪みだけじゃない?

出産後はホルモンバランスが崩れやすくなります、出産後は急激に変化するので女性ホルモンに比べて男性ホルモンが優位になると

「自律神経の乱れ」

「抜け毛」

「肌荒れ」

「イライラしやいなど精神的に不安定」

などの症状もみられます。

しかしこの部分は周りからは見えにくい部分なので

周囲の理解を得られずに「自分だけ・・」という気持ちになりやすいです。

出産前後さまざまなマイナートラブルは出るのは当たり前ですので、自分自身と周りの人にも受け入れてもらいましょう。

骨盤が起こす体への影響は?

一言で骨盤と言っても骨盤はじつは7つの骨が組み合わさって出来ています。

妊娠~育児中は骨盤が前に傾きやすくなるため、バランスをとろうとしてお腹を前に突き出して身体を反らすので反り腰になりやすいです。

また出産時に赤ちゃんがスムーズに出てきやすいように恥骨結合を緩めます。この時に恥骨からお尻にかけての筋肉や骨盤底筋群も緩んでしまいやすいので、産前産後は尿漏れに悩む人も出やすいのです。

またこの状態を放置することで体型が変わったり、腰痛や膝の痛み、肩こりなどの症状が出やすくなる可能性を高めてしまうので注意が必要です。

まとめ:年齢を重ねても健康なカラダであるためには!

出産直後の骨盤を締めるのに昔はサラシを巻いたり、今は骨盤ベルトがあったりしていますが、動きづらいやトイレでのつけはずしが面倒などの理由から意外と継続してつけられている方が少ないです。

またつけている間に自己流になっていき正しく装着出来てない場合も多いです。

骨盤の緩みや傾きを放置したままでいると、股関節の捻じれから腰痛や膝の痛み、O脚や外反母趾の原因にもつながります。

ホルモンバランスが乱れて筋力が低下してくる更年期を迎えた時に、こうしたトラブルで困ることが無いように産後のケアについて考えてみてはいかがでしょうか?

最近は骨盤体操やケア方法などの情報が沢山ありますので出来る範囲から試してみましょう、もしどうしたらいいか分からない、自分でケア出来る範囲を越えてしまったら、出来るだけ早く信頼できる病院や治療院に相談する様に心がけて下さい。

和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院 連絡先はこちら→0725-25-9060