和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院

あなたは大丈夫?女性の8割に足のトラブル!?

O脚や外反母趾、巻き爪など足の治療をしていると、

どうしても普段から町で歩いている人の足元に目がいってしまいます。

変な意味でなくどうしても気になってしまうんですよね、

そんな姿勢や歩き方だとこの先この方たちの足はどうなっていくのだろう?と。

このままいけばO脚や外反母趾、巻き爪からの足の痛みにつながって、いずれは変形性の膝関節症になって、膝が痛くて歩きずらくなって、かばって歩いている内に腰が痛くなって、動くと痛いので動かなくなって太ってしまって、、、

考えすぎですよね?でもあながちこういう経過をたどるのは間違いでもないんです。

足のトラブルの原因は?

足のトラブルの代表は外反母趾、巻き爪、足底腱膜炎、タコ、魚の目などがあります。

こうした足のトラブルの多くは以前は足に合わない靴が原因だと言われてきましたが

じつは本当の原因は他にあるんです。

この部分も原因の一つではありますが、じつは立ち方や歩き方などの姿勢に問題があります。

最近の女性の立ち方

最近の女性の立っている姿勢や雑誌などの姿勢を意識して見てみてください、

背中を丸めてお腹が前に出るような後ろに寄り掛かるようにダランとして内股の立ち方をしています。

また歩くときは足もあまり上げずにペタペタとした歩き方になっています、このような歩き方や立ち方だと、体のバランスが崩れて足は壊れて行ってしまいます。

足が壊れる?

足が壊れるというのは足の構造が壊れるということです、足の骨(くるぶしから下)は片足で26個のブロックから出来ています、全身の骨が約206なので両足の骨を入れると足だけで約4分の1もの骨で出来ています。

それだけ足の骨は重要なんですね。

その構造がアーチ状に組み合わさって複雑に機能することによって足から身体にかかる衝撃を吸収したり、動く際に力が地面に加わりやすくなったりしてるんです。

その構造が壊れると偏平足や外反母趾といった足の変形に繋がり、巻き爪、足底腱膜炎などを引き起こしやすくなるんです。

若い女性に多い足のトラブル?

上のような足のトラブルが、若い女性の約75%にあると言われています、それが1個だけでなく2,3個複合してあったりすることも珍しくありません。

まとめ

足のトラブルが若い女性にも多いのは、長時間のスマホ、デザイン性重視の靴など、自然に自分の姿勢や歩き方が悪くなっていることに気が付いてないからだと思います。

足の筋肉や靭帯、骨は年齢を重ねるにつれて衰えていきます。

若いうちから足の構造が壊れることにより機能が衰えてしまっていては年をとった時にどうなってしまうのかと不安になります。

これを読まれている方も一度ご自身の足のトラブルと立ち方、歩き方を一度見直してみて、将来足のトラブルで悩まないようにしてください。

もしどうしたらいいか分からない、すでに痛くて困っているなどありましたらお気軽に御相談くださいね。

和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院 連絡先はこちら→0725-25-9060