産後骨盤矯正、首肩からの頭痛、腰痛のお悩みおまかせください

どっちでもいい?肩こり腰痛にどちらを貼る?冷シップ?温シップ?

この腰の痛いのは冷たいシップと温かいシップどちらがいいですか? よく聞かれるのですが 腰の痛みに限らず 肩が痛い 膝が痛い 痛い場所は違っても基本的なシップの使い方は同じです、

今回は温シップを貼る時と冷シップを貼る時について紹介しますね。

痛かったらシップは日本だけ?

日本では痛かったらとりあえずシップで、 捻挫や打撲など筋肉や関節の痛みがある時に貼りますが 実は欧米ではそれほど貼らないそうで、鎮痛、消炎目的でもシップでなく経口薬を使って治すのが一般的らしいです。

温シップと冷シップの使い分け

温シップは冷えた部分を温める、 冷シップは熱のある部分を冷ますと思われがちですが 実は温シップには患部を温める効果 冷シップに患部の熱を取る効果がないそうです。

温シップと冷シップを貼った患部をサーモグラフィーという 温度を見る機械で計測した所どちらもそれほど体表温度が変わらないそうです、 それではなぜ二種類あるんでしょうか?

温シップはカプサイシンという唐辛子成分の影響で温感効果があります、肌が「ヒリヒリ」するやつです、 冷シップはメンソールという成分でミントとかのような感じで清涼感があります、「スースー」するやつですね。

冷感、温感というのがポイントで感覚的な要素が強いみたいです、

その為、体表温度を変えるほどの効果が無いにしても熱感や冷えからの痛みに対しては

感覚的な効果があります。(痛み自体も感覚なので)

感覚的なというと、治らないのかな?と思いますが、

ま~治るか治らないかと言われれば治っては無いのですが、

あながちこの感覚も馬鹿にはできません、

痛い感じが続くとより患部の症状を悪化させてしまう可能性が高まるからです、

そういう意味では感覚的な部分に期待して使用する意義はあるのかなと思います。

まとめ

今回は温シップと冷シップの違いと使い方についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

よく「シップ貼ったのにまだ痛い」と言われる方もいますが、シップ=万能ではありません

シップには感覚的に痛みがマシにる効果や、抗炎症作用の成分が入っているものがありますが、あくまでも患部の原因自体は残っているままなので一時的に痛みをぼかしてる位の認識で注意して使ってください。

また継続して貼り続けると肌のかぶれにもつながるので、肌に異常を感じたらご使用をやめてくださいね。

もし使い方や肩や腰の痛みについてどうしたらいいか分からなかったり、自分ではどうにもならなくなったら、そのうち治るだろうと思わず、お近くの信頼できる治療院にご相談くださいね。