産後骨盤矯正、首肩からの頭痛、腰痛のお悩みおまかせください

子供の腕を引っ張ったら抜けた!コレだけで肘内障の痛み改善!?

元気で可愛いお子さんのパパ、ママ

子供さんの手を引っ張ったことないですか?

きっとあると思います、(うちの子だけってことは無いはず、、)

肘内障の多い2~4歳くらいの年頃の子どもはテンションが上がると走り回ったり、

名前を呼んでも聞いてなかったり、危ないと言ってもジッと出来ないですよね。

私自身も3歳と0歳の子どものいるパパですので日々走り回る子供に手を焼いてます。

手を引っ張ると言っても虐待的な感じでなく、

道路に飛び出しそうになって危ないといってとっさに手をひいたり

両手をもって子供を持ち上げてブラブラ遊んだりさせたりすることもあると思います。

今回は本日肘内障の患者様が来られたので、せっかくなのでお子様の手を引っ張ってよく起こる肘内障についてご紹介したいと思います。

(ちなみに本日のお子さんはコタツに入っていた状態を手をひいて出したら抜けたそうです)

肘内障ってなに?

子供の未発達な肘の関節部分が一部逸脱した亜脱臼という状態です、

よくあるのは子供の手を引っ張ったら痛がって動かさなくなったという形です。

動かすと痛いのでお子さんは痛い側の腕全体をブラーンと垂らしている場合が多いです。

肘が抜けてるから肘の曲げ伸ばしが出来なくなるの?と思うかもしれないですが

子供って痛いと怖くて腕を動かさなければ痛くないので腕全体を動かさなくなるんです。

あと大事なのが必ずしも肘に痛みを訴えないってことも注意をして下さい。

小さな子供は痛みでプチパニック状態なんで手首に痛みを訴えたりすることもあるので注意してくださいね。

また未発達な関節というところにポイントがあって、小学生くらいになるとこの部分の関節が成長してしっかりしてくるので抜けにくくなってきます。

もし肘が抜けてしまったかなと思ったら?

肘が伸びて手のひらが下向きになった状態(肘伸展前腕回内位)で手をひくとよく抜けるのですが、まれに転倒して手をついても抜けることもあります。

ただしこの様なシーンで肘に痛みが出ても安易に肘内障だと決めつけないように気を付けてください。

肘内障の場合も多いですが、肘の骨折であったり他の部分のケガの場合も可能性があると、成長障害を残す怖さもあります。

なんせ子供なんではっきりと自分の状態を説明できないので話半分で、しっかり判断することが大事です。

肘内障だと大きく腫れたり、内出血や赤くなってたりすることは少ないのでそれも目安になるかと思います。

あくまで目安なのでもしなったら早急に信用できる医療機関を受診してください、時間が経過すると腫れも出てきたりして肘内障の整復(脱臼した関節を接なぐこと)しにくくなります。

もしすぐに病院に行けないときは?

外出する時は休日の時が多いので、すぐに病院に行こうにもあいていない、すぐに病院に行こうにも近くにないという場合もあると思います。

その場合は一度ご自身で肘内障の整復を試してみるのもひとつの方法です、万が一の可能性もありこじらせて悪化させてしまう可能性もあるので個人責任でお願いします。

もしお子さんの肘の痛みが肘内障であれば肘の整復を行ってあげると直後に痛みがとれて、またすぐ元気に手を使いだすことが多いです。

そして肘内障の整復自体はそれほど難しくありません、やり方さえ分かれば子供でもできます、その判断に注意と経験が必要なだけです。

①まずは肘の外側の橈骨頭というでっぱりの部分を押さえてください。

②そこを見つけて親指で押さえて肘をまっすぐ曲げていきます。

③肘を曲げていく動きに合わせて手のひらを回内(手の平が下向き)または回外(手の平が上   向き)させます。

この時に正しく整復できていれば「コクッ」というようなクリック音を感じると思います。

正しく整復出来ていれば痛みもひき、すぐに手を動かせるようになります。

目安としては手を挙げて手のひらをキラキラと内外内外と返すことが出来ればほぼ大丈夫だと思います。

手を引っ張ったらいけないの?

肘が抜けないようにするには手を引っ張ったらいけないの?と思うかもしれませんが、

危ない時や子供との遊びの中で引っ張ってしまう事があります。

肘内障は子供が意識してなく腕の力が抜けている時に急な力で引くと抜けやすいので

もし手を引く場合は手首や前腕を引っ張るのでなく(こうすると肘の部分に牽引力が直接働きやすいので)せめて手のひらをしっかりと握ってあげましょう。

まとめ

可愛いお子さんなんで痛くしてやろうと手を引っ張ることは無いと思います。

基本的に子供を楽しませてあげようであったり、とっさの危険回避のために行う場合が多いと思います。

不可抗力ですのである程度は仕方ないと思いますが、

くり返さないように注意をしてあげて手をとっさに引かないといけない状態にならないようにしてあげてください。

今回は子供の手を引っ張った時に起こりやすい肘内障について紹介しましたが、知識がないまま処置しようとすると悪化させてしまう可能性もあります。

整骨院や整形外科などの信用できる医療機関に行ける環境があればお子様の痛みが早く解消できるように早急に連れて行ってあげてくださいね。