和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院

危険!!巻き爪を悪化させる爪の切り方?

巻き爪に悩んでいるあなた

もしかして巻き爪かもと思っているあなた

あなたの爪の切り方は大丈夫ですか?

実は巻き爪で悩まれている多くの方が、

自分で巻き爪を悪化させていることが多いんです。

とりあえず今、確認できる状態でしたら足の爪をチェックしてみてください。

出来なければ後でチェックしてみてください。

どの様な形ですか?

その爪の形によってはますます爪が巻いていくかもしれません。

今回は巻き爪予防の基本、爪の正しい切り方について紹介したいと思います。

爪のチェック

まずはご自身の爪をチェックしてみてください

どの様な形ですか

深爪タイプ

巻き爪の方で多いのがこのタイプです、

なぜなら爪が伸びてくると皮膚に食い込んでしまい痛みが増すので、

食い込まないようにその部分を短く切ってしまっているからです。

実はこの切り方は巻き爪を悪化させてしまっています、

必要以上に短く切ってしまうと、爪の周りの部分が盛り上がってきてしまうので

爪が伸びた時により皮膚に食い込みやすくなってしまいます。

爪の先の白い部分が1~2ミリくらい残っているのがいいですが、それよりも短いと深爪のしすぎです。

バイアスタイプ

あまり聞いたことが無いかもしれませんが、自然にやっている方も多いです。

これは図のように、爪の両端の部分を短く切っている状態です、この切り方だと巻き爪タイプと同じで爪の周りが盛り上がってきて、皮膚に食い込んで巻き爪の痛みの原因になります。

この2つのタイプは巻き爪を悪化させてしまう切り方です、よくあるのは爪が食い込んで痛いから、食い込んでいる部分を切って自然にこの形になってしまっているパターンです。

巻き爪の治療で病院に行かれて、病院の処置としてされているケースもありました。

なぜこの切り方をすると巻き爪を悪化させるかを知るためには、

少しだけ爪のことをおさらいしてください(↓)

爪の大事なこと

爪は皆さんの指先についていますが、何の為についているか知っている方はすくないかもしれません。

指先は手でも足でも非常に力が加わるところです、例えば物をつかんだり足で踏ん張ったりする時、指先に力がかかっていると思います、この時に爪が重要な働きをしています。

爪は指先の下からの圧力を受け止めてしっかり力が入る為に存在します、そのためよく走る方や指先を使う方の爪はその力に耐えれるように分厚くなっています。

この爪はもともとは丸まっていく性質があります、伸ばしていくとどんどん内側に巻いていきます、テレビでビックリ人間とかいって爪を何年も切っていない方をみたことがある方はイメージしやすいと思います。

丸まっていく性質がある爪がまっすぐ平らに伸びていくためには、指先の下からの圧力が必要です。それが不足すると爪は丸まっていってしまいます。

これが巻き爪予防の爪の基礎知識です、長々と書きましたが

「爪は常に指先の下から圧力を受け止めている」これだけでも覚えてください。

このことを踏まえて正しい爪の切り方を説明します。

正しい爪の切り方

上に書きました、爪の性質を踏まえて正しい爪の切り方を説明します。

爪は指先からの下からの圧を受け止めれるような切り方が、

爪の性質にあった正しい切り方です。

「スクエアカット」または「スクエアオフカット」といいます。

図のように指先から1ミリ程度離れたくらいですが、これは個人の指の形や爪の白い部分の長さにもよりますのであくまでも目安です。

指の形に合わせてまっすぐ切り角の部分をやすりで削る「スクエアオフカット」がいいと思います、「スクエアカット」だと角が引っかかるのでこの部分は処理した方がおススメです。

市販の爪切り出来ると、爪切りの先が丸いため、爪の先をまっすぐ切りにくいです。まっすぐになっている爪切りを使うか、爪切り用のニッパーで切るとスクエアオフカットにやりやすいです。

爪切りは爪が硬い時に行うと割れたりヒビが入る恐れがあるので、お風呂上りの爪が柔らかいタイミングで行うのがおすすめです。

爪は根元ほど柔らかいので深爪すると僅かな圧力で爪が巻いたりします、したがって適度な長さを保つことが一番大切です、足の爪は1ヶ月に平均1.5ミリくらい伸びるので1ヶ月に一回くらいのペースで切るので十分です。

この切り方を日常的に注意して行っていくだけでも、巻き爪のリスクを大幅に下げていくことが出来ます。

まとめ

今回は巻き爪を自分で悪化させてしまっている悪い爪の切り方について紹介しました、

このことで少しでも巻き爪で悩む方の痛みから解放されると嬉しいです。

巻き爪の原因は立ち方や歩き方などこれだけでは無いので、正しい爪の切り方をしても痛みが引かない、巻き爪が悪化してしまう場合はお気軽にご相談くださいね。

和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院 連絡先はこちら→0725-25-9060