和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院

何からするの?産後のポッコリおなかをスッキリ解消!!

妊娠~出産を経てママの体はこれまでにない位短期間で変化しますね。

妊娠していないのに1年で10キロ~15キロ増える方は

ほとんどいないと思います。

産後のママ達の悩みで多いのが「ぽっこりお腹」

「出産後体重は戻ったけどお腹まわりが・・・」

「妊娠前のズボンがはいらない」

「出産前の体型に戻したい」

ということをよく聞きます。

しかし出産後は育児のバタバタで忙しい日が続きあっという間に毎日が過ぎていきます、

自分の事はあと回しで気が付いたら戻らなくなっていたということが無いように。

今回は出産後のポッコリお腹の原因を理解して、無駄なダイエットをせず少しでも楽に解消できるよう書いていきたいと思います。

なんで産後はお腹まわりが残るの?

やっぱり筋肉!?

妊娠中は赤ちゃんへ栄養を与えるためにママの代謝は落ちて筋肉が衰える

お腹周りを支える筋肉が弱るので体のラインが緩んできます。

さらに筋力低下からの代謝機能低下で太りやすくなっています。

育児中は赤ちゃんとほぼ24時間一緒でお世話しているので疲労感は溜まってるのですが、

基本的に赤ちゃんの近くにいることが多くなります。また産後の骨盤周囲の痛みや腰痛などがあり思うように動けないなどがあると慢性的な運動不足により代謝の低下、体重の増加にもつながります。

内臓が下がる?

お腹が大きくなるにつれて妊娠前のように身体が動かすことが出来ないので、筋肉のバランスが崩れたり、筋肉量が減少したりしてきます。そのため筋肉の負担が増えて疲労がたまってくると骨盤内の子宮や膀胱、腸などの内臓が下腹部へ下がってきます。

内臓が下がってくると、脂肪によるポッコリお腹でないので、代謝をあげて体重が減ったとしてもお腹周りだけポッコリ出てくるようになってしまいます。

骨盤や姿勢?

骨盤は妊娠出産でひろがるだけでなくお腹が大きくなることによって姿勢の変化に伴い骨盤の角度が変わり骨盤の広がっている部分が張り出してきます。

また産後は赤ちゃんの抱っこや授乳、おむつ替え、お風呂などほとんどの日常生活で前かがみが多くなるのでお腹周りが緩みやすいです。

関節や靭帯の緩み?

妊娠中はリラキシンというホルモンの影響で関節や靭帯が緩み、腹圧(お腹を閉める圧力)が下がるのでお腹周りのラインが緩んできます。

ついつい食べ過ぎてしまう・・

出産するとそれまで赤ちゃんがいたお腹の圧迫がなくなり、楽になるので食欲が湧いてきます、それに加え授乳中はお腹がすくのでより食べる事への意識が働き食べる量が増えてしまいます。

一時的な食欲なのでコントロール出来ればいいのですが、その状態が習慣化すると太りやすくなってしまいます。

まとめ

今回は産後のポッコリお腹の戻し方をご紹介しました、

ぽっこりお腹になる原因は簡単に上げてこれだけあります。

この中でご自宅でできる事は食事の調整と適度な運動です。

筋力不足による代謝の低下や筋力の低下や姿勢骨盤周りの調整には体操やストレッチなどでしっかりケアすることで戻っていきます。すぐに効果は出にくいので結果を焦らず少しずつ戻して行ってください。

産後の骨盤の影響で腰や骨盤周りの痛みなどが出やすいので、痛みが出たら無理せず、お身体の状態や体調などをみながら少しずつ取り入れてください。

家事や育児で自分のことは後回しになりがちですが、お子さんやご主人のためにもしっかりとケアして自信の持てるお体を取り戻してくださいね。

もし分からなかったり、お身体に違和感が出てしまったらお気軽にご相談くださいね。

和泉市で頭痛や腰痛など様々な症状を根本改善する整骨院 連絡先はこちら→0725-25-9060